Katsuo Matsumura, Tray Table (1960-70s)

PRICE

¥0(税抜)

QTY

SOLD OUT

DESCRIPTION

【Sold】リクエストもお承りしておりますので、お気軽にお申し込みください。 お申し込みいただいたお客様には、次回入荷時に優先してご案内をさせていただきます。

松村 勝男 デザイン、山口木材工芸社製の トレイテーブル。 1960〜70年代のヴィンテージです。

建築家、吉村 順三に師事し、長 大作や水之江 忠臣らと共に戦後の家具デザインの礎を築いたデザイナー、松村 勝男 が1963年にデザインを手がけ、山口木材工芸社から発表された トレイテーブル。 X字型の折りたたみ式の脚部に天板となるプライウッド製のトレイが乗るシンプルかつ機能的な構造で、ローコストで日本人の体型や生活様式に合った家具を数多く手がけた 松村 勝男 らしさが感じられるデザイン。 1966年にはグッドデザイン賞も受賞しています。
製造を手がけた山口木材工芸社は、昭和初期に創業し洋家具の普及を牽引した東京の老舗家具メーカー。 現在は既製品家具の製造からは退き、特注家具や公共施設什器を主軸としているものの、剣持 勇や佐々木 達三といった名だたるデザイナーとともに多くのが作品を残してきました。
発表から80年代後半頃まで大手百貨店や家具店を中心に販売され、折りたたみ式の機能性やコンパクトなサイズに加え、モダンなデザインとユニークな発想からギフトでの需要も多かった様子。 現在では製造が終了し、ヴィンテージでしか入手できない作品となっています。 当時、チーク材とローズウッド材の2種類の木種で製造されていましたが、本品はローズウッド材。 やや赤みを帯びた落ち着いた色合いと黒い縞の美しい木目は、他の木種にはない特別なもの。 脚部フレームは桜無垢材に天板と同色の塗装がされています。
ヴィンテージ市場でもあまり多くはない作品ですが、特にローズウッド材は稀少性が高く、コンディションの良い個体は珍しいかと思います。

天板・脚部フレーム共にポリウレタン塗装がされているため、サンディングはせずクリーニングのみ行なっています。 全体に擦り傷や打ち痕、色褪せ、脚部のペイントロスなどはございますが、ヴィンテージらしさが凝縮された趣のある雰囲気。 ガタつきなどの使用に影響する大きなダメージもなく、ヴィンテージとしては良コンディションです。
ご購入後のアフターケアや張替えも当店にてお承りしておりますので、今後も安心して長くお使いいただけます。

【商品の特性・ご注文時の注意事項】
・ヴィンテージ品のため現状でのお渡しとなります。 経年による擦り傷や打ち痕、色褪せ、脚部のペイントロスがございますので予めご了承ください。
・コンディションの詳細につきましてはお気軽にお問合せください。
・配送は「ヤマトホームコンビニエンス【Sランク】」となりますので、ご注文画面の配送方法でご指定ください。 配送先により送料が異なりますので、予め送料をご確認ください。

DETAIL

Design 松村 勝男
Manufacture 山口木材工芸 / Made in JAPAN
Date 1960-70s
Size W.475 × D.475 × H.450 mm
Stock 1
Shipping Fee 北海道:2,300円

青森 秋田 岩手:2,200円 / 宮城 山形 福島:2,000円

茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 山梨:2,000円

長野 新潟 富山 石川 静岡 愛知 岐阜:2,000円 / 福井:2,200円

三重 滋賀 奈良:2,000円 / 京都 大阪 兵庫 和歌山:2,200円

岡山 鳥取:2,200円 / 広島 島根 山口:2,300円

徳島 香川:2,200円 / 愛媛 高知:2,300円

福岡 佐賀 大分 長崎 熊本:2,400円 / 宮崎 鹿児島:2,500円

沖縄:3,400円(すべて税抜)