Tove & Edvard Kindt Larsen, Coffee Table / model. FD503 (1960s)

PRICE

¥180,000(税抜)

QTY

DESCRIPTION

トーベ & エドワード・キンドラーセン デザイン、France & Daverkosen社製の コーヒーテーブル(model. FD503)。
1960年代のヴィンテージになります。

共に、デンマーク近代家具デザインの父と呼ばれるコーア・クリントに学び、家具のデザインだけでなく、建築からグラフィック、ジュエリーに至るまで幅広い分野でその才能を発揮した キンドラーセン夫妻 が1955年にデザインしたコーヒーテーブルです。
良質なチーク無垢材を削り出しシャープなラインを上品にまとめたフレームが特徴的で、脚と脚を繋ぐ「貫」の彫刻的なフォルムがシャープな雰囲気をよりいっそう際立たせています。
本来の強度を保つ役割を果たしながらも、無駄を省くように中央に向かって薄く細く削り出された貫は、他とは一線を画す緊張感のある表情をもたらし、構造に特徴をもたせた彼らの拘りとモダンデザインに対する姿勢が反映されています。
天板の左右の淵には、筆返しの効果のある流線形の膨らみが添えられ、使い手に対する細かな配慮も魅力のひとつです。

製作を手がけたのは、フィン・ユールなどの家具を多く手がけた名ファクトリー、France & Sons社の前身にあたるFrance & Daverkosen社。
どこを切り取っても微妙な曲線で構成された手の込んだ作りですが、細部にわたり丁寧な仕事が施されたクオリティの高さも頷けます。

横幅 W.1500mmの天板は、コーヒーテーブル(センターテーブル)として充分なスペースを確保した使いやすいサイズ感で、3シーターソファと合わせるとレイアウトも綺麗にまとまります。
経年により味わいを増したチーク材は特別な存在感があり、このテーブルに合わせるソファは同年代の北欧のヴィンテージがおすすめです。

フルサンディング後、オイルフィニッシュにてとても綺麗な状態に仕上げています。
ご購入後のアフターケアも当店にてお承りしておりますので、今後も安心してお使いいただけます。

商品の特性・ご注文時の注意事項
・ヴィンテージ品のため、現状でのお渡しとなります。
・ヴィンテージ品のため、経年による傷や変色がございます。
・コンディションの詳細につきましてはお気軽にお問合せください。
・配送は、ヤマトホームコンビニエンス【Cランク】となります。配送先により送料が異なりますので、STORE INFOの「特定商取引法に基づく表記」より送料をご確認ください。

DETAIL

Design Tove & Edvard Kindt Larsen
Manufacture France & Daverkosen (France & Son) / Made in DENMARK
Date 1960s
Size W.1500 × D.530 × H.460 mm