Charles & Ray Eames, DCM (1940s)

PRICE

¥0(税抜)

QTY

SOLD OUT

DESCRIPTION

チャールズ & レイ・イームズ デザイン、エヴァンス・プロダクツ社製のDCM (Dining Chair Metal legs)。
1946年から49年までの短期間のみ製造された最初期モデルのヴィンテージコンディションになります。

イームズ夫妻のデザインにより1946年に発表されたプライウッドチェアの一連のシリーズは、夫妻が長年取り組んできた成形合板の技術が用いられ、これまでこだわってきた成形合板の一体成形から、パーツを別々に製作することで機能性と生産性を向上させたイームズ デザインを代表するプロダクトのひとつです。
座や背もたれと同様に脚部にも成形合板が用いられたLCW・DCWに対し、LCM・DCMではスチール製の脚部が用いられ、脚と座の裏面、背骨と背もたれの裏側に「ショックマウント」と呼ばれる黒いゴム製のパッドとネジで接合されています。
座と背もたれの合板には5層のベニヤで厚みを8mmの薄さに抑えるなど、最小限の素材で「軽さと動き」を表現したイームズ デザインの傑作とも言われ、タイム誌から「20世紀最高のデザイン」にも選ばれた名作です。

1946年からエヴァンス・プロダクツ社、49年以降はハーマンミラー社にて製造、販売がされ、1946年の発表から現在まで一度も製造中止になることなく発売されている数少ないプロダクトです。
こちらは1940年代のエヴァンス・プロダクツ社製のもので、座と背もたれの木部は赤のアニリン染色がされたタイプです。

背もたれ裏面の木部表面に30mm大の割れ、背もたれと座面の木部エッジに欠け、座面の一部に打ち傷があり、全体に経年による傷や変色はございますが、がたつきなどの使用に支障をきたす大きなダメージもなく、座面と背もたれのショックマウントもしっかりと接着されているます。
ヴィンテージの味わいが感じられる雰囲気のある一脚で、今後も長くお使いいただけるかと思います。

商品の特性・ご注文時の注意事項
・ヴィンテージ品のため、現状でのお渡しとなります。
・ヴィンテージ品のため、経年による傷や変色がございます。
・コンディションの詳細につきましてはお気軽にお問合せください。
・配送は、ヤマトホームコンビニエンス【Bランク】となります。配送先により送料が異なりますので、STORE INFOの「特定商取引法に基づく表記」より送料をご確認ください。

DETAIL

Design Charles & Ray Eames
Manufacture Evans Products / Made in USA
Date 1940s (1946-49)
Size W.505 × D.540 × H.760 mm