Ilmari Tapiovaara, Pirkka Chair (1950s) 1

PRICE

¥0(税抜)

QTY

SOLD OUT

DESCRIPTION

【Sold】リクエストもお承りしておりますので、お気軽にお申し込みください。お申し込みいただいたお客様には、次回入荷時に優先してご案内をさせていただきます。

イルマリ・タピオヴァーラ デザイン、ラウカンプー社製の ピルッカ チェア。 1950年代のヴィンテージです。

アルヴァ・アアルト、ル・コルビュジェ、ミース・ファン・デル・ローエら、名だたる巨匠のもとで学び、フィンランドのミッドセンチュリー期を牽引したデザイナー、イルマリ・タピオヴァーラ。 フィンランドで伝統的に使われていた素朴な家具から着想を得て1955年にデザインを手がけた ピルッカ は、スツール、ベンチ、チェア、テーブルによるシリーズで展開され、ドムスチェアと並び タピオヴァーラ の代表作として高く評価されています。
素材にもフィンランド特産の木材を選び、座面と背もたれはデザイナーズプロダクトでは用いられることの少ないパイン材(松)、フレームにはバーチ材(白樺)が使われています。 2枚の板を木製ダボで繋いだ座面は、パイン材の木調にクラフト感が上手に調和し、プリミティブな印象。 それでいて、座面の木口には内側に傾斜をつけてカットがされているため、野暮ったさはなく、表情は軽やか。 日常の中から常に新しい素材やアイデアを探し、革新的なデザインを追求した タピヴァーラ の哲学が色濃く反映されています。 デザインを手がけた時代は、フィンランドにとって戦後の厳しい状況下。 限られた資源を有効活用し、コストを削減するための措置として取り入れた側面もあったのではないのでしょうか。
直線的な座面に対し、脚部は柔らかな雰囲気をまとっています。 中心に膨らみをもたせ、両端に向かってシェイプした丸棒を組み込んだフレームは、冬の木立を連想させる美しいシルエットをもち、シリーズの全てのアイテムで用いられている ピルッカ の大きな特徴。 やはりクラフトマンシップを感じさせながらも、黒い塗装により座面とのコントラストが際立ちモダンにまとめられています。 このシルエットは、負荷を分散させる機能的な役割も果たし、座面にバランスよく配置することで脚部の強度を保っています。
素朴で温かみのある雰囲気にモダンなデザインを落とし込んだ ピルッカ は、デザインの質が高い北欧ヴィンテージ家具の中でも唯一無二の存在。 同じ北欧でもデンマークの家具とは違った趣があり、母国の日用品をモダンに昇華させた素晴らしいデザインです。

小ぶりな座面と背もたれ、そして背もたれと脚部を繋ぐ華奢なフレームに、「座ったら壊れるんじゃないか…。」そんな不安に思う方も多いかと思いますが、実際に座ってみるとしっかりと身体を支えてくれ、的確に配置された背もたれが良い姿勢を保ってくれます。 低めのシートハイは、女性や小さなお子様にも喜んでいただけるのではないかと思います。
ピルッカ チェア、ベンチ、スツールと、一連のシリーズでまとめていただくと、このテーブルの魅力を最大限に引き出してくれます。 年々現地でも数が減少し、入手困難になりつつありますが、少しずつ揃えていく時間もまたヴィンテージ家具の魅力ではないでしょうか。

座面と背もたれはクリア、脚部は黒塗装が施されているため、サンディングは行わず、クリーニングのみ行なっています。 全体に傷、クリーニングで落としきれない染み、脚部のペイントロスなどはございますが、ヴィンテージらしさが凝縮された趣のある雰囲気です。 脚部接合部の緩みは組み直しと再接着をしておりますので、ガタつきもなく日常使いしていただけます。
ご購入後のアフターケアも当店にてお承りしておりますので、今後も安心して長くお使いいただけます。

【商品の特性・ご注文時の注意事項】
・ヴィンテージ品のため現状でのお渡しとなります。 経年による傷や染み、変色、脚部のペイントロスがございますので予めご了承ください。
・コンディションの詳細につきましてはお気軽にお問合せください。
・オンラインストアでのご決済は銀行振込のみとなります。ご了承ください。
・配送は「ヤマトホームコンビニエンス【Aランク】」となりますので、ご注文画面の配送方法でご指定ください。 配送先により送料が異なりますので、STORE INFOの「特定商取引法に基づく表記」より送料をご確認ください。

DETAIL

Design Ilmari Tapiovaara
Manufacture Laukaan Puu / Made in FINLAND
Date 1950s
Size W.385 × D.425 × H.755 (SH.415) mm
Stock 1 0